即日借入可、審査が早い優良カードローンランキング

・借入したいけど、どこにしたらいいかわからない。

・即日借入したいけど、どこが早いのかわからない。

・借入金利や審査についての詳細が知りたい。

そんな人も多いかと思いますので、当サイトでは主に消費者金融での借り入れでお勧めのサービスを3つ厳選してご紹介します。


プロミス(定番中の定番!最短1時間借入、初めてなら30日間無利息)

プロミス

消費者金融のカードローンはいくつかありますが、プロミスはその中でもサービスのレベルが頭一つ抜き出ているといっていいです。

三井住友銀行グループのカードローンですので、安心して借入することが出来ます。

一番の特徴としては、最短1時間で借入が可能な点です。多くのカードローンは、即日借入を謳っているのですが、プロミスの場合はそれよりも早く、最短で1時間での借り入れができますので、お急ぎの方にとてもおススメのサービスです。

また、借入が初めての方なら30日間金利が無料になりますので、次のお給料日までに全額返済ができるような少額の借入でしたら、金利は無料になります。

他にも30日間無利息サービスを提供しているところもありますが、それらの多くは契約日や契約の翌日から30日間なのに対して、プロミスは初回借入日から30日間無利息になるので、カードローンを契約しても、実際にお金を借りなければ無利息期間のカウントダウンはスタートしません。無利息期間を無駄なく使いきれるという意味でも、非常にお得なサービスです。

※30日間無利息で利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

アコム(こちらも有名、最短即日借入+初めてなら30日間無利息)

アコムも消費者金融のカードローンでは有名なサービスで、三菱UFJフィナンシャルグループですので、安心して借り入れをすることができ、とても人気があります。

審査回答が最短30分となっており、最短即日借入も可能なので、急いでいる方も安心です。

最高金利がプロミスの4.5%と比べ、1.5%も低い3.0%になっていますが、この金利が適用されるには数百万円単位で借入をしないといけないので、金利についてはプロミスやその他の消費者金融さほど変わらないというのが大半のケースでしょう。

また、プロミス同様に初めての借入なら30日間無利息というサービスがついていますが、プロミスが初回借入日から30日間無利息なのに対して、アコムは契約の翌日から無利息期間のカウントダウンがスタートしますので、借入をしてもしなくても自動的に30日間のカウントダウンが始まってしまうことを覚えておきましょう。

すぐにでも借入をする予定が人はアコムでもいいですが、もしかしたらこの先お金を借りる機会があるかもしれないという人はプロミスにしておいた方が、無利息期間をムダにしないという点でお勧めできます。

借入までのスピードですが、審査回答が最短30分となっており、最短即日借入も可能なので、急いでいる方も安心です。

SMBCモビット(申し込みの流れが完結でシンプルなので、スグに申し込めて、即日借入も可能)

300x250 オリコンバナー

SMBCモビットもプロミス同様に三井住友銀行グループの会社なので安心して利用することが出来ます。

SMBCモビットの一番の魅力は、申し込みフローがとてもシンプルですぐに申し込めるという点です。

大抵、借り入れの申し込みをしようとすると30~40項目程度の質問や入力項目があり、会社の規模や従業員数など、すぐには答えられないような項目もあるのですが、SMBCモビットの場合は、その場でこたえられるような簡単な項目が中心で20項目前後しかないので、すぐに申し込むことが出来ます。

つまり、その分だけ、即日借入できる可能性が高くなるということです。

いくらカードローン側の審査が早くても、私たちの申し込みに時間がかかってしまえば即日借入できないのは当然ですが、SMBCモビットなら、その心配はいりません。申し込みやすさなら、消費者金融の中でもトップクラスです。

ちなみに、10秒簡易審査は、名前が簡易審査なだけで、実際は本審査のための予備審査のような位置づけですので、適当な名前などを入力してしまうと借入ができなくなりますので、しっかりと正しい情報を入力しましょう。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

アイフル(最短即日借入可能、さらにお急ぎの方は優先的に審査も可能)

アイフル

アイフルは大手の消費者金融の中では、珍しく銀行の傘下には入らず独自の運営を続けているサービスです。

もちろん、有名どころで長く運営しているサービスですので安心して利用することが出来ます。

一番の特徴は、ネットで申し込んだ後に、指定のフリーダイヤルに電話をすると優先的に審査をしてくれることがあるので、お急ぎの方にとって非常に助かるサービスです。

新生銀行レイク(5万円以下の借入なら180日間無利息)

※新生銀行レイクは、新生銀行が運営するサービスで、サービス名が「レイク」になります。レイクはもともと消費者金融だったのですが、現在は新生銀行が運営する「レイク」という借入サービスになります。

新生銀行レイクの一番の特徴は、無利息期間が最大180日間になるという点です。

金利については、30日間無利息(金額制限なし)と180日間無利息(5万円以下まで)と2種類から選択することが出来ます。

つまり、いくら借りても30日間無利息になるか、5万円以下なら180日間無利息になるかの違いです。後者の金利を選択した場合、5万円を超えたら、超過分に対してだけ金利が発生する仕組みです。

この180日間無利息は、5万円以下の少額融資を繰り返す人、ちょっと借りて返してというのを繰り返す可能性がある人に大変オススメです。

無利息期間付きのカードローンの中では、私が知っている限り一番期間が長いので、長期間にわたって少額借り入れをする人は新生銀行レイクで決まりです。

借入とは(意味と読み方)

借入とは(読み方は「かりいれ」「しゃくにゅう」)、お金を借りることを意味する言葉で、消費者金融や銀行カードローンなどから、クレジットカードのショッピング枠やリボ払い、奨学金や自動車ローンなど、幅広く意味する言葉です。借入という言葉の意味としては、クレジットカードのリボ払いやショッピング枠の利用も含むものの、一般的に借入という言葉が使われるシーンを考えると主に銀行からの借入やカードローン、キャッシングなどでお金を借りることを指す言葉であるといえます。反対に、銀行やカードローンサービス側から見ると、利用者が借入したお金(借入金)は、貸付金と呼び、お金を貸す行為を貸し付け、融資などと呼びます。借入金を返済する際には、利息(金利手数料)を上乗せして支払うのが一般的で、実質年率は0%台~20%くらいまでありサービスによって様々です。なお、クレジットカードのショッピング枠やリボ払い、奨学金などは事実上の借金であるにもかかわらず、借入をしているという認識が薄く、ついつい使いすぎてしまったりするので注意が必要です。

借入とローンの違いとは

借入とローンの違いとはなにか、意味の違いとはなにかを検索する人が多いですが、ローンも借入の一つでありますので、ローンと借入は別物ではなく、借入という行為の中にローンが含まれると考えましょう。実際の会話や日常での用法の違いとしては、借入は主に何にでも使えるような、使い道を指定せずにお金を借りることで、ローンとは、自動車ローン(マイカーローン)、住宅ローン、教育ローンなど、何か購入するものやサービスが決まっており、そのために借入することをローンと呼ぶことが多いです。